■ Novel Collections トップページ

純文学

以下の51件が登録されています。
「閲覧回数」のカウントは、2004/08/21から開始しました。
登録番号:11703 ココロに花を
作者 つちえ はじめ 作品閲覧回数 72
カテゴリー 純文学 連載回数 34
登録日時 2006/03/23(Thu) 18:50
あらすじ 心を病んでいる男と過去に心を病んだことのある女の物語。
葛藤。淋しさ。波紋。人と人たち。長編です。

作品を見る  新しいブラウザを開いて作品へ

登録番号:11702 君と私が紡ぐもの
作者 甲斐 京 作品閲覧回数 59
カテゴリー 純文学 連載回数 13
登録日時 2006/03/23(Thu) 12:04
あらすじ 成長するにつれ、お互いの距離の取り方が分からなくなっていく幼なじみ。
彼女じゃない。彼氏じゃない。けれど、ずっと一緒に過ごしてきた。
高校進学という、初めての二人の別れ目。「お隣さん」じゃなくなることに、揺れる二人の心は――

拙い作品です。共感しづらい部分も多々あると思いますが、ご一読頂ければ、幸いに存じます。

作品を見る  新しいブラウザを開いて作品へ

登録番号:11700 三日月夜
作者 甲斐 京 作品閲覧回数 46
カテゴリー 純文学 連載回数 1
登録日時 2006/03/22(Wed) 23:32
あらすじ 冬の匂いの強まる、空気の澄み切った秋の夜。
煌々と輝く、銀色の三日月。
煙草とライターを手に、彼女は独り空を見上げる。

とても拙く、短い文章です。しかし、高校時代、わたしはこの作品に、当時の言い表せない感情を託した思い出があります。
小説ともいえないような拙作ですが、ご一読頂けたら本当に光栄です。
作品を見る  新しいブラウザを開いて作品へ

登録番号:11671 卒業の日に思うこと
作者 快新平 作品閲覧回数 58
カテゴリー 純文学 連載回数 4
登録日時 2006/03/13(Mon) 12:03
あらすじ ある高校の卒業式。
そこには様々な事情を抱えた、様々な人々がいる。

通信制高校の卒業式。
作者の体験と、フィクションごちゃ混ぜの初の純文学。
下手かと思いますが、良ければ最後まで読んでください。
作品を見る  新しいブラウザを開いて作品へ

登録番号:11630 群像
作者 zero 作品閲覧回数 37
カテゴリー 純文学 連載回数 2
登録日時 2006/02/27(Mon) 00:11
あらすじ 彼らと彼女達と僕らの行く末
作品を見る  新しいブラウザを開いて作品へ

登録番号:11600 閻魔様のビザ
作者 bear's Son 作品閲覧回数 30
カテゴリー 純文学 連載回数 1
登録日時 2006/02/19(Sun) 09:36
あらすじ  
 北銀河に住んでいたものたちは、ハクチョウ座の峠にある閻魔様の洋館を訪れることになっていた。

 閻魔様はたいへん寛大な御方だと知られている。そんな閻魔様を新しい執事チュンセの目から見た、小さなお話。
 
作品を見る  新しいブラウザを開いて作品へ

登録番号:11232
作者 4S 作品閲覧回数 87
カテゴリー 純文学 連載回数 2
登録日時 2005/09/30(Fri) 18:30
あらすじ  最近気付いたのですが、僕の頭の中に一人人物が居ます。何時も座っているので、顔しか印象が無いのですが…
 僕と同様に頭の中に良く解らない人が居る人も居る(ややこしい)んじゃないかと思います。
 
作品を見る  新しいブラウザを開いて作品へ

登録番号:11144 リニューアル版 泣く男
作者 神門ぺぷしX 作品閲覧回数 46
カテゴリー 純文学 連載回数 2
登録日時 2005/09/06(Tue) 09:31
あらすじ 前作を修正しました。妻にドラマ性を持たせました。前作と読み比べてみてください。
作品を見る  新しいブラウザを開いて作品へ

登録番号:11129 民法
作者 正平君.com 作品閲覧回数 49
カテゴリー 純文学 連載回数 1
登録日時 2005/08/31(Wed) 21:41
あらすじ てすと
作品を見る  新しいブラウザを開いて作品へ

登録番号:11098 木陰へ歩む日
作者 村下 葉月 作品閲覧回数 80
カテゴリー 純文学 連載回数 3
登録日時 2005/08/23(Tue) 16:39
あらすじ 初夏の一日を切り取って短編にしてみました。
読んでいただけると嬉しいです。
作品を見る  新しいブラウザを開いて作品へ

全51件中の 21 件目から 30 件目を表示しています。
前へ  1 2 3 4 5 6  次へ


■ Novel Collections トップページ